アンチエイジングで若く健康的でいる方法

  ビタミンD

ビタミンDは「日光を手のひらに5分」では作れない!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️
ビタミンDだけでもう7回目
アンチエイジングPの宮下です。

しつこい男は嫌われますが
まだまだネチネチ書いていきます。

だって、知って欲しいんやー😣

 

 

さて、これまでにも書いてきた通り
今ビタミンDは世界一注目されているビタミンで。

日本では骨に良いイメージのみが
広まっていますが

研究の世界では
免疫を始め様々な効果があることが
わかってきています。

 

ビタミンDは日光を浴びるか、食事で摂るかで
得ることができるものですが
現在日本人はそのどちらも不足していて

特にこのブログのメイン読者層である
20〜50代の女性は
平均的に全く足りていません

 

例えば、国の発表によると
骨の健康だけにフォーカスした場合
1日8.5μgが必要なのですが
それすら全く足りず。

様々な病気の予防には
最低でも25μg必要と言われているものと比較すると
もう悲しくなるくらい足りていません。

ちなみにビタミンD研究の専門の博士などは
理想は日光からの生成で1日100μg
なんて言ってます。

現在の約18倍。

 

そんなの誰も摂れないし必要ないでしょ、
と思いそうですが

大昔、僕たちの御先祖様は
スッポンポンで暮らしていて

肌の露出が多く
日光を浴びる面積が大きかったので
意外に100μgはすぐに作れていたよう。

 

しかし。

 

 

今そんな人がいたら

 

 

逮捕されますよね?

 

 

健康も大事ですが
世間体も大事なので

現在、普通の人ができる範囲で
どのくらいの日光を浴びれば
ビタミンDは作れるのかを今日はお伝えします。

 

まず、大前提として
日本人は過剰に紫外線を恐れているように思います。

地球上の紫外線の害は
オーストラリアの白人さんに
一番多いのですが

日本人が紫外線で皮膚ガンになるリスクは
元々白人さんの100分の1以下。

更に日本の紫外線は
オーストラリアよりキツくない。

この辺り前回の記事に
詳しく書いているので
ぜひ読まれてみてください

➡️紫外線って日本人にも本当に有害なの?

 

ちなみに。

その世界一紫外線がキツく
害が出やすいオーストラリアは
1980年代から

✅長袖シャツを着ましょう
✅帽子をかぶりましょう
✅日焼け止めを使いましょう
✅サングラスをかけましょう

といった紫外線対策キャンペーンを
浸透させたのですが

その結果
国民の40%がビタミンD不足
になってしまったと言われ

現在では
オーストラリア皮膚科学会が
ビタミンDを得るために適切な日光浴を推奨しています。

⬇️ビタミンD不足になると起きる症状

 

その白人さんより
ビタミンDが作りにくく。

➡️白人さんより日本人はビタミンDを作りにくい理由

美白文化があるために
日焼け止めを他国以上に使いまくる国、日本。

また室内での仕事が多く
そもそも日光浴の文化があまりない国、日本。

ビタミンD、足りないに決まってますよね😣

 

 

そんな日本国民のために
国立環境研究所があ

日本人の普通の肌色の方が
どのくらい日光を浴びれば
10μgのビタミンDを作れるのか。

を出してくれています。

この時の肌の露出の条件は
『顔+手の甲』は日焼け止めなしで露出

 

これによると
東京、大阪、広島と
緯度の近いつくばでは
7月の12時(紫外線が1年で一番キツイ時間)、
快晴で6分間の日光浴でOK。

冬になると大幅に伸び41分。

その他北に行ったり曇ったり、
時刻が早かったり遅かったりするとどんどんそれが伸びていきます。

 

これ、あくまで10μg作るならという基準なので
健康に最低限必要と言われる25μgだと2.5倍の時間が必要ということ。

しかも、顔と手の甲には日焼け止めを塗らないで、の基準。

 

この辺り、
細かな数字とか分かりにくいとは思いますが
よく聞く

日光は1日5分、手のひらで浴びるだけで大丈夫☝🏻

みたいなのは
かなり古い考えで
もっと長く、もっと日光を当てる面積が必要
ということを知っていただけたらと思います。

 

ただ、そうは言っても
紫外線でお肌が老化するのはイヤですよね?

実は同じ国立環境研究所が
皮膚に害が出るまでの時間
も出してくれていて。

それによるとつくばでは
真夏の12時には20分までは
連続で日光を浴びても大丈夫。

これぐらい浴びると
ある程度ビタミンDが出来るので

毎日ランチどきに
歩いて10分くらいかかるお店に
日焼け止めを塗らずに行くと良い

とアドバイスされる先生もいらっしゃいます。

また、これはあくまで顔と手の甲を出した時のお話で
日光の当たる面積を広げれば
更に時間は短くて済みます。

例えば、ノースリーブやタンクトップで
ひざ下も見えるような服装だと
ビタミンDを作るまでの時間はちょうど半分になります。

ビタミンDを作るためには
要は日光を浴びる面積が広ければ良いのですから
例えばお顔は日焼け止めをバッチリ塗って
腕や足は出しておいてそこで日光を浴びる

というのも1つの手ではないでしょうか。

なお、色白で紫外線に弱い方は
ビタミンDを作るまでの時間が0.83倍短くなり。

逆に色黒で紫外線に強い方は
時間が1.5倍伸びます。

それぞれのお肌の色で
判断されてみてください。

 

ビタミンDは健康のための
万能ビタミン。

日光を浴びるだけで簡単に作れるものなので
ぜひ1日1回10〜20分の日光浴をしてみて欲しいです。

 

ただ。

どうしても日焼けは怖い
紫外線は浴びたくない
という方もいらっしゃるでしょう。

そういう方のために
日光浴以外のもう1つのビタミンDの摂取法。

食べ物から摂る

こちらを次回は書いていきます。
お楽しみに😊

 

 

公式LINE登録のオススメ

最新のアンチエイジング情報や
更新情報をお届けしています。

現在4000人以上の方に
ご登録いただいております。

こちらも引き続き
どうぞよろしくお願いします😊

ご登録はこちらから↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss