アンチエイジングで若く健康的でいる方法

  ビタミンD

紫外線って日本人にも本当に有害なの?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️
日光浴びるどころか年中引きこもり
アンチエイジングPの宮下です。

これまでブログがすっぱくなるくらい
ビタミンDのことを書いてきました。

すんごくざっくりいうとビタミンDは
紫外線を浴びると自分で作れる
身体にとって良い効果を持つ

万能ビタミン‼️

 

しかし。

紫外線って身体に悪い💦

ってのはもはや常識ですよね?

 

美肌の大敵なのはもちろんなのですが

健康面では
皮膚ガンを起こすので怖い
と思ってる方も多いのではないでしょうか?

今日はその点について
書いていきます。

 

僕が子供の頃
オゾン層の破壊
ということが問題になり。

毎日のようにニュースに出ていた覚えがあります。

上の図は南極のオゾン層の変化。
赤→黄→緑→青→灰色
の順で悪化していて、簡単にいうと

めっちゃヤバい😱

 

このオゾン層の破壊で
有害な紫外線が降り注ぎ。

特に被害の大きかった
南極に近い国、オーストラリアでは
皮膚ガンが大幅に増え
大問題になりました。

 

紫外線の害は子供にも大きい
と考えられていて。

事態を重くみた日本は
1998年、母子手帳から

日光浴

の文字を削除しました。

 


昔の母子手帳

 


今の母子手帳

 

日光を子供に浴びさせすぎるのは危険と国が判断したんですね。

 

これだけ見たら
とても真っ当な判断のように思いますが
実は続きがあります。

 

その2年後の2000年くらいから
乳幼児のビタミンD欠乏症である
くる病が増えてきたんです。

その後もビタミンD不足は続き

2013年NHKでも報道。

4割の子供は
骨の成長に関わるビタミンDが足りてない。

 

その原因として

✅赤ちゃんを母乳だけで育てる
✅アレルギーなどによる食事の偏り
✅日光にあたる機会が少ないこと

の3つが挙げられ

特に日光に関しては
✅日光浴が良くない
✅紫外線が良くない
という情報がたくさん出ているため

というお話もされていました。

 

確かに紫外線の害が増えていくと
危険とされていますが

だからといって日光を浴びないのもそれはそれで問題があるんです。

 

ちなみに。

そもそも日本人の子供に紫外線は危険なのでしょうか?

 

紫外線で皮膚ガンが増えたオーストラリア。

 

前回書きましたが
本来は肌の色が濃い人が住んでいた地方に
白人さんが後から入った国。


⬆️元々住んでいた人の肌の色

➡️ビタミンDを作れる個人差

 

実は皮膚ガンになりやすいのは
元々紫外線に激弱の白人で

黄色人種(日本人)は白人の150分の1のリスクしかないとされています。

つまり
日本人にはそもそもそこまで危険ではない。

 

さらに。

ビタミンD研究の世界的権威
マイケルホリック博士によると

 

アメリカ女性は
紫外線の害による皮膚ガン
ノンメラノーマ皮膚ガンで
年間500人が亡くなっている。

これだけ聞くと怖いのですが
続きがあり

 

対して、日光不足により
年間227,000人が
様々な病気になり亡くなっている

そうで。

 

 


ビタミンD不足によって起こる病気⬇️

 

簡単にいうと

皮膚ガン怖くて紫外線カットしたら
ビタミンDが足りなくなって

そのせいで他の17種類のガンのリスクとか
色々な病気のリスクが上がって
結果的に早死になってもーた💦

 

ビタミンDは骨にだけ良い
とされていた時代であれば
紫外線の害を抑える方が健康に良いと考えてもおかしくないのですが。

現在はすでにビタミンDの
様々な効果がわかってきているので
一概に紫外線を浴びてはいけないとは言えないのではないでしょうか?

 

また。

 

そもそも上の母子手帳の話にも
ちょっと香ばしい話があって。

1998年『日光浴』削除の時に
資料として使われたデータは
D◯Cや元資◯堂の方が書いたもので。

しかもその前後で

資○堂
✅ピジ○ン
✅カネ○ウ
✅花◯

などがタイミングバッチリに
次々と乳幼児用日焼け止め
UVカット化粧品を発売。

 

何か裏があるんじゃないか?

 

って

 

 

ここに書いてありましたよ?

 

➡️子供のくる病が急増
その原因が母子手帳の改定にあった?
(HEALTH PRESSより)

 

 

 

僕が言ったんじゃないですからね💦

 

 

 

でも。

 

そうこうしてるうちに

日本に近い北極に
オゾンホールができたり。

 

 

もうどうして良いのかわかりません😭

 

 

ただ、わかってることは

ビタミンDは骨だけではなく
大人も子供も免疫や健康には必須で。

日本人はほとんどの世代でそれが足りていない。

そしてビタミンDは
✅日光浴をするか
✅限られた食材から摂るか
しかない。

そうなのであれば
健康のためを思えば
日光を過度に避けすぎず
安全な範囲で浴びる方が良いと考えています。

 

では安全で、美容にも悪影響がなく
かつ健康に効果のあるくらいのビタミンDを作るには
どのくらい日光を浴びれば良いのか?

次回はそんなお話です。

 

公式LINE登録のオススメ

最新のアンチエイジング情報や
更新情報をお届けしています。

現在4000人以上の方に
ご登録いただいております。

こちらも引き続き
どうぞよろしくお願いします😊

ご登録はこちらから↓


LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss