アンチエイジングで若く健康的でいる方法

  おすすめ記事

【2020年版】最新!年代別・男女別日本人の栄養状態をグラフで見てみると30代40代女性が栄養失調レベルで大ピンチ

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️
アンチエイジング大学学校長
アンチエイジングPの宮下です。

今日は
現代の日本人は栄養失調状態にある
ということをわかりやすいグラフでお伝えさせていただきます。

(※4月3日 食事摂取基準を2020年新年度版に変更してグラフを作り直しました)

 

僕が講演会に講師としてお招きいただく時
参加してくださった方から
よくこういうご質問をいただきます。

 

今の時代、
みんなお腹いっぱい食べてて
栄養は足りてるんじゃないですか?

確かに飽食の日本では
栄養失調という言葉はイメージがわきにくいですよね?

 

また僕のお客様には
看護師さん、薬剤師さん、栄養士さん
などの医療従事者の方も多いのですが、
皆さんこれまでは

「カルシウム以外は概ね足りている」
と学校で習いました

とおっしゃられていました。

※最近は変わってきています。

 

本当に栄養は足りているのでしょうか?

 

 

厚生労働省は毎年1回
【国民健康・栄養調査】
を発表しています。

 

ざっくりいうとこの中には

みんなどのくらい栄養摂ってるの?

ということが年代別に書いてあります。

 

また同じく、厚生労働省は5年に1回
【食事摂取基準】
を発表しています。

こちらは、前回も書きましたが
➡️食事摂取基準についてはこちらの前回記事から

これぐらい食べたら
欠乏症というひどい病気にはかかりにくくなるよ

という最低限の基準

 

大事なのは、
「これだけ食べたら元気になるよ」
という充分な量を表しているわけではなく

「栄養失調で死ぬようなひどい病気には
かかりにくくなるよ」

というところが基準になっているということです。

イメージとしてはこの絵の2人は
どちらも同じように基準はクリアしてることになるんです。

 

 

 

さて、不思議なことにこの2つのデータ。
なぜか同時に載っている資料が見当たりません。

どちらも年代別・男女別に
基準や結果が公開されているのですが

例えば

40代女性はこれぐらい栄養が最低必要だけど
実際摂れてるのははこのぐらい

という両者を照らし合わせたデータが見当たらないんです。

インターネット等でも
グラフ化してわかりやすく見えるようにしている人も
見つかりません。

 

 

なので、先ほどのように

私は今40代だけど
私たちは栄養って足りてるのかな?

と思ったら
超がつくほど小難しい
国が出した絵も何もない資料を
2つも探し出して見比べて読まなければいけないんです💦

 

 

このコロナで大変な時に
そんなヒマ人はいませんよね。

 

 

 

 

僕以外は。

 

 

というわけで
今年度からの最新データ

2020年版の食事摂取基準

発表になったばかりの
2018年版の国民栄養・健康調査の結果を
比較したグラフを作りました。

皆さんの世代はどうかを
ぜひご覧ください。

 

 

2020年版 女性の栄養状態

 

 

 

 

2020年版 男性の栄養状態

 

 

 

 

…全っ然、

足りてない‼️

 

そうなんです。

見ていただくとお分かりのように
20代〜60代の全ての年代で
男女とも複数の栄養素が最低限の基準すらクリアできていません。

100%のラインをクリアしてれば完璧というわけではないですからね?
本当に最低限のラインが上の図の100%ライン。

なのに、それすらも足りてない。

 

全年代を平均すると
✅ビタミンA
✅ビタミンB1
✅ビタミンD

✅カルシウム
ワースト四天王ですが

それ以外にも
✅マグネシウム
✅亜鉛
も全ての世代で不足していて

 

さらに
✅ビタミンB2
✅ビタミンB6
✅ビタミンC
✅鉄(女性)

もほとんどの世代で不足しています。

※閉経後の女性は鉄の必要量は減るので足りるようになります。
上のグラフでは、60代女性は閉経後の状態で計算していますが
月経のある場合は鉄分はやはり足りない計算になります。

これらの栄養素が足りない場合
それぞれこのような症状が出やすくなります。

 

なお、今回からグラフに
✅ビタミンD
を追加しています。

ビタミンDは近年研究が進み
骨や筋肉、免疫に様々な良い効果があることがわかってきたので

5.5μg→8.5μg

へ大幅に摂取目標が増えました。

結果ほぼ全世代で足りないことになり
一気にワースト入りに。

 

さらにパントテン酸という
これまでの基準ではまず足りていたものも
必要性が増して基準が上がったせいで
20代、40代の女性で足りなくなっています。

パントテン酸は
3大栄養素の代謝や
メンタル、睡眠などに関わる重要な栄養素ですが

「どこにでも存在する酸」
という意味の名前で、

普通に食べていれば足りなくなることはまずない
とされていたのですが
とうとう、これまで足りてない世代が出始めました。。

 

いかがでしたでしょうか?

このグラフ、毎年新しいものを
公開しているのですが
年々日本人の栄養状態は悪化していています。

一般的に皆さんがイメージしやすい
発展途上国のような食べ物がなくて
ガリガリになっている
普通の栄養失調に対して。

このように食事自体はしてるんだけど
ビタミンやミネラル、高齢者のタンパク質が足りない状況を
『新型栄養失調』
と呼びます。

この新型栄養失調が
今、日本人の大きな問題となっています。

アンチエイジングを追求する皆様にとっては
避けては通れない問題です。


日本人の栄養は危機的状態

これをぜひ知っておいて欲しいです。

 

 

公式LINE登録のオススメ

最新のアンチエイジング情報や
更新情報をお届けしています。

現在4000人以上の方に
ご登録いただいております。

こちらのブログでは書かない
個別のサプリについての情報も
配信していきます。

ご登録はこちらから↓

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss