アンチエイジングで若く健康的でいる方法

  おすすめ記事

不倫や浮気がバレるのはこれのせい!?目に見えないけど女性にはわかる証拠とは。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️

子供の頃

わー💦宮下菌がうつるー‼️バリアー‼️


と言われまくった
アンチエイジングPの宮下です。

 

 

宮下菌にバリアはききませーん😆

とかいう子も。

 

 

どんだけ感染力強いんだ宮下菌。
コ○ナかよ…

 

さて。
書いていて泣けてきたので
本題に移りたいと思います。

 

前回お伝えしたように
人は様々な菌と共生しています。

 

⬇️前回の記事はこちら

19歳を過ぎたらみんなババア!? 科学者がそう断言する理由とは?

有名な腸内細菌は100兆個。

そして意外かも知れませんが
お肌にも皮膚常在菌という菌が共生しています。

その数約1兆個。

 

彼らは指紋と同じように
それぞれの人によって違い。
誰一人として、全く同じ菌を持っている人はいません。

それぞれオリジナルの菌を持っているんです。

 

宮下菌、いたんですね。本当に。

 

でも何で菌が人間に住みつくようになったのか。

人間のご先祖様が生まれた頃
世界は命を脅かすとっても危ない菌がウヨウヨしていました。

その時に、
人間にとって比較的安全だったり
そこまで危険でもない菌を
お肌や身体の中に住まわせてあげて
代わりに危ない菌から守ってもらう形ができました。

例えば皮膚常在菌には
彼らのエサになる皮脂や
彼らが生きやすい環境を提供することで住んでもらい。

代わりに悪玉菌や病原菌に対しての
弱酸性バリアを作ってくれて
追い払ってもらうんですね。

これが前回書いた
菌との相利共生の形。

バリアも実際あるんですね。
僕が知らなかっただけで
小学生の知識、侮れないです。

 

さて。
菌には絶対的なルールがあります。
それが

早い者勝ち

 

腸であれ、皮膚であれ
最初に定着した菌が
そのまま勢力を拡大します。

後からそこに来た菌は頑張ってそこに入ろうとしても
最初からいる菌に追い出されてしまうんです。

 

なので、最初に定着する菌って本当大事。

 

この菌次第で
腸内環境や肌環境がかわり
美容や健康に大きな影響を持っていきます。

次回からは
その中でも特に美肌に関係する皮膚常在菌について書いていきます。

お楽しみに。

 

ところで。

少し話は変わるのですが
腸内環境がメンタルに影響することをご存知でしょうか?

今回は細かなことは省きますが
脳腸相関と言って

腸内環境の良い方は
幸せを感じやすく
腸内環境が悪いと
イライラしたり、うつ傾向になると言われています。

 

ただ、最近ではそれだけでなく
全身の菌が人間の感情や行動をコントロールしてるのでは、という考え方出てきています。

 

あくまで仮説段階ですが
恋愛関係に話を絞ってみても
様々なことに菌の影響が出ているかも、と。

 

例えば、同じ地区に住む人は
常在菌の種類が似やすいのですが。

地方から上京した人の中で
地元が同じ人と結婚することが多いのは
子供の頃に定着する常在菌が似ていてお互いを排除しない(=好きになる)からだったり。

 

例えば、キスを10秒すると
口から常在菌が8000億個交換されたり
体が触れ合うと
皮膚常在菌やそのエサである皮膚のカケラ(角質)が少し相手に移るのですが。

女性が旦那さんの浮気に気づくのは
旦那が持って帰ってきた
他人の常在菌や角質が部屋の中で浮遊し

後から来たものを排除する
という常在菌の本能が

あれ?私のじゃない菌がおる💢

と気づいて働くからだったり

 

 

何回もダメ男にハマる女性は
若い頃にダメ男からもらってしまった
ダメ男常在菌がすでに定着してしまい。

同じような菌を持つ人を
求めてしまうからだったり。

 

それ以外でも

小さな子供が人見知りをするのは
まだ母親以外からほとんど菌をもらってないからだったり。

誰もいない部屋に入った時に
今まで誰かいたような気配
を感じるのは、そこに浮遊してる誰かの常在菌を感じるからだったり。

夫婦が見た目や性格が似るのは
ずっと菌を交換しあってて
同じような状態で定着してるからだったり。

 

様々なものに影響があるのではと
今研究者によって考えられています。

 

 

さて。

この自分に定着する常在菌は
子供のうちに触れたものに
大きな影響を受けます。

例えば免疫などは
安全な範囲でより豊富な種類の菌に触れた方が良いとされていて

僕は自然の中で遊ばせたり
裸足で土を歩かせて土壌菌にもたくさん触れさせるのが一番良いと考えています。

 

ということは。

これを応用すると
子供の将来をより良いものに変えることも
可能なのではないでしょうか?

 

例えば。

自分と似た菌を持つ人と惹かれ合う

という特性を考えると。

 

 

息子(4歳)をひたすら
美人に抱っこしてもらっていたら
将来美人にモテモテになるんではないか。

これもし実証できたら
ノーベル恋愛賞ものじゃない!?

 

 

 

ただこの理論、一つ欠点があって。

 

 

父親が非モテ菌保菌者だったので
彼を抱っこしてくれる女性が寄ってこないんです…

 

 

【重要】

新型コロナの影響で
8月以降行う予定でした
全国でのサプリセミナーは全て中止とさせていただきました。

ご期待いただきましたお客様には
大変申し訳ございませんが
ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

なお、ご入金済みのお客様へ
返金対応させていただいております。

詳細はすでに弊社より送らせていただいております
メールからご確認いただくか

こちらの下の記事をクリックしていただき
ご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

【重要】全国セミナーを中止いたします。

大変お手数をおかけして
誠に申し訳ございませんが
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

公式LINE登録のオススメ

最新のアンチエイジング情報や
更新情報をお届けしています。

現在4000人以上の方に
ご登録いただいております。

こちらも引き続き
どうぞよろしくお願いします😊

ご登録はこちらから↓

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss