アンチエイジングで若く健康的でいる方法

アンチエイジングホルモン「オステオカルシン」の効果を80年代ジャンプに例えると

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️
君のグルコース(小宇宙)は燃えているか?
でおなじみ。

アンチエイジング聖闘士 宮下和久です。

それでは今日の講義の内容です。

 

  • 大切なことは全てジャンプから学べる
  • 骨のターンオーバーでヤツが蘇る
  • アンチエイジングホルモン「オステオカルシン」

 

さて、突然ですが皆さん
漫画は好きですか?

 

僕は大好きです。
特に80~90年代少年ジャンプは
僕の人生に大きな影響を与えてくれました。

 

その中でも1つ
聖闘士星矢という漫画があります。

アンチエイジング世代の方は
知ってる方も多いと思うのですが
社会現象を起こした漫画で。

 

当時どのくらい人気だったかというと

あのSM○Pがミュージカルでやるくらい

 

登場人物も魅力的で
僕の小学校での一番人気は
白鳥座(キグナス)の氷河でした。

今見たら、
おでこにおまるつけてる変態ですが
当時のナウなヤングにはバカウケだったんです。

 

僕の初恋の人
現在顔が骨粗しょう症疑惑のアカネちゃん(仮)
も氷河大好き❤️

それを意識して
後に僕も金髪にしたのは良い思い出です。

 

さて。

女子には氷河が一番人気だったのですが
男子に一番人気だったのはキャラというより
聖闘衣(クロス)の方。

それぞれのキャラがつけている
鎧みたいなものですが
これをみんな段ボールで作っていました。

その1番人気。
何だったか覚えてますか?

 

それは天秤座(ライブラ)の聖闘衣。

基本素手で戦う聖闘士の中で
星をも砕く武器を12個も内蔵しています。

 

大人が見ると

いや、そうはならんやろ!

というような変形ギミックも
少年の心を鷲掴みでした✨

 

 

そして実はこの天秤座の聖闘士こそが

Mr.アンチエイジング
Mr.骨ホルモン

と呼ぶにふさわしい人物だったんです‼️

 

 

 

もはや、
女性読者は置いてけぼりだと思いますが
続けていきます。

 

 

 

思いついたら途中でやめれないダメ人間なんです😣

 

 

 

さて、前回
骨も毎日ターンオーバーしているという話
をお伝えしました。

その中で、
破骨細胞が骨を壊し。
骨芽細胞が骨を作る。

ということをお伝えしたのですが
疑問に思った方はいらっしゃらないでしょうか?

 

 

なぜわざわざ壊す💢

 

 

と。

 

作ったものを
そのままにしておけば良いじゃないかと。

 

これには色々理由があり
例えば骨はカルシウムの貯蔵庫としても働いているんですが。

カルシウムってその99%が骨にあり
残りわずか1%が血液内にあります。

このたった1%の方のカルシウムが
めちゃめちゃすごい働きをしてて
それがなくなったら人間死んじゃうくらいなんですが。

そうならないためにも
人は常に血管内のカルシウムを1%になるようにコントロールしてます。

で、血管内のカルシウムが足りない時に
骨を溶かして補給するんです。

それに活躍するのが破骨細胞なんですね😊

 

そして、実は。

近年、その破骨細胞が骨を壊す時に
アンチエイジングに関わるすごいヤツも
骨の中から出てきてることが分かったんです‼️

 

 

それが骨ホルモン

オステオカルシン

 

このオステオカルシンは
骨芽細胞が作るのですが
少しだけ血液に流して

残りは骨の成分とくっつき
骨の中で眠りにつきます。

 

こいつもカルシウムと同じで
血液の中にちょびっとだけ出ているものが
めちゃめちゃ働いていて。

以下のような臓器の働きをコントロールしています。


(※腎臓はもう1つの骨ホルモンFGF-23の働き)

 

めちゃすごくないですか?

骨を作る細胞がしれっとこんなものを作ってたんです‼️

 

で。

実はターンオーバーが正常に働いて。

骨を壊しては作り、壊しては作りを
速く回転させると

骨の中にも蓄えてた
オステオカルシンもバンバン出て
さらに効果がパワーアップするんです✨

封印されしオステオカルシンは
その真の活躍の時を待って眠りについていたんですね。

 

そう、それはまさに

 


天秤座の童虎のように。

 

 

彼は243年間もの間
地球の平和に害をなすものの復活を阻止せんと監視してました。


その間老化が進み

筋肉は衰え
✅骨は弱り背は縮み
✅コラーゲンが減りシワは増え
✅糖化も進んで顔がくすんで

います。

 

 

しかし彼は、いざ敵が復活した時。

オステオカルシン(=小宇宙)を燃やし
常人ではできないレベルでターンオーバーをして

 

 

脱皮し

 

血糖値が安定し糖化が治り
✅筋肉も増え
✅コラーゲンも生成し
✅骨代謝が速くなったことで背も伸び

 

 

 

アンチエイジングしたのです‼️

 

 

 

 

復活したオステオカルシンの童虎は
まさに天秤座の聖闘衣と同じように
他にもたくさんの武器を持っていました。

 

 

残念ながら僕たちは聖闘士ではないので
243年分若返るほどの
アンチエイジングはできませんが。

それでも身体の平和に害なすものを倒すために
オステオカルシンを
たくさん出すことのメリットは
計り知れないのです‼️

 

 

 

 

…ええ、分かってます。

 

 

聖闘士に例えない方が伝わりやすかったことは。

 

 

 

 

しかし、このオステオカルシン。

年齢を重ねて
骨のターンオーバーが弱るとともに
出る量が減ってきてしまいます。

同時に骨そのものも。

 

結果、見た目も骨も、そして実は内臓の働きも老化していたんです‼️

逆にいうと、
骨を元気にすると
結果的に様々な部分も若返ります。

その方法はまた後日。

 

次回はここまでのまとめを
真面目に書きます😣

数回に分けて書いた内容。

いらんことを省けば多分1回分もかからないんです…

 

 

公式LINE登録のオススメ

最新のアンチエイジング情報や
更新情報をお届けしています。

現在4000人以上の方に
ご登録いただいております。

こちらのブログでは書かない
個別のサプリについての情報も
配信していきます。

ご登録はこちらから↓

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss