アンチエイジングで若く健康的でいる方法

旦那を夜が強くてやせマッチョなイケメンにし、給料まで上げてしまう魔法の物質「オステオカルシン」の効果とは?

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️

息子(3歳)に英才教育して
モテる男にしたい🔥

アンチエイジングPの宮下です。

自分が叶えられなかった夢を
息子に託すダメ親父なんです。。

 

 

さて、皆さん。

 

 

モテる男ってどんな人なのでしょうか。

 

 

僕が思うモテる人はこんな感じ

✅イケメン
✅痩せマッチョ
✅高身長
✅スポーツ万能
✅頭が良い
✅明るい
✅優しい
✅やる気にあふれる
✅年収が高い
✅若々しい

✅エロい

 

息子には本当に申し訳ないですが
僕からの遺伝では
「エロい」以外は叶えられそうにありません💔

 

でも、大丈夫。

実は近年の研究で
それらが全て叶う方法が見つかったんです。

 

 

それは

 

 

モテモテホルモン
「オステオカルシン」

を増やすということ。

 

これまでの記事にも
何度か出てきているものですが

今日はこのとんでもない
モテホルモンの効果について書いていきます。

 

なお、オステオカルシンは

大人の女性にとっては
アンチエイジングの特効薬
とも言えるものでもあります✨

 

 

オステオカルシンとは?

 

まず、軽くおさらいですが
オステオカルシンとは
骨の中にちょっとだけ含まれる物質で。

 

骨のリモデリング(ターンオーバー)
の時に出てくるもの。

 

以前の記事でも
アンチエイジングに効果がある
というお話を軽く書いています。

➡️オステオカルシンを80年代ジャンプキャラに例えると?

 

骨が健康になり
ターンオーバーがうまくいくと
このオステオカルシンも
ブワーッと出てくる
わけです。

 

では実際
オステオカルシンが増えると
どんな効果があるのでしょうか?

最初にまとめておくと
こんな感じ。


(※腎臓はもう1つの骨ホルモンFGF-23の働き)

 

今日は1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

① 糖化予防

オステオカルシンは
インスリンという血糖値を下げるホルモンの働きを正常化します。

飽食の時代の今
糖分をたくさん摂れ過ぎるようになり
糖尿病が社会問題になっています。

 

またそこまでは行かなくても

糖化

という老化の原因の1つが
アンチエイジング界では注目されています。

糖化というのは糖分が多すぎると
細胞が硬くボロボロになる状況。

 

メディアではよく
「細胞がコゲる」

なんて表現されてますね。

上のパンがこげた時のように
糖化を起こすと
お肌も硬くなり、色も変化します。

お肌や骨の中で
弾力の元になってるコラーゲンを
ガッチガチに固めてモロくするのがこの糖化。

 

血糖値が高い状態が続き糖化が進むと
下の図にあるAGEというヤベー奴が出てきます。

これが起こると
お肌がくすんだり
シミが増えたり
老化が進んで

シワシワのヨレヨレのボロボロになります。

また特に男性は
骨ももろくなるとされています。
(新型骨粗しょう症)

 

それに対してオステオカルシンは
血糖値を安定させ糖化を予防し。

お肌や骨を
若く保ってくれるんです✨

 

なお、世のおじさま達が気になるもので
ヘモグロビンA1cという血液検査の指標があります。

これ、ここ最近の血糖値が高いかどうかを
測ってるものなんですが

オステオカルシンが少ない人は
ヘモグロビンA1cが高い人が多いことも
研究でわかっています。

あまり病気の話をすると重くなるのですが
糖尿ってほっとくと
目が見えなくなったり(網膜症)
手足が腐ったり(神経障害)
人工透析になったり(腎症)

合併症がものすごく怖い病気。

オステオカルシンを増やすことは
その予防にもなるという
とても嬉しいものなんですね。

 

 

② 抗酸化能力を高める

①の途中でも出てきた
「酸化」

俗にサビるなんて言われてるもので
これも老化やガンの大きな原因とされています。

増えすぎた活性酸素が原因で老化する
という話を聞いたことがある方も
多いのではないでしょうか?

 

この活性酸素の害を抑えるために
スーパーフードやサプリなど
現在様々なものが注目されていますが。

一番効果があると言われているのが
自分が元々持っている抗酸化酵素

「SOD」

 

ただ、残念ながらこのSODは
年齢を重ねると活性度が弱ってしまします。

 

しかし。

なんとオステオカルシンは
このSODの働きも高めて
抗酸化パワーも増やしてくれます。

上で書いたお肌のコラーゲンは
活性酸素の悪影響も大きく受けてしまうのですが

抗酸化力を高めることで
見た目の老化の予防にもつながります✨

 

 

 

③ 脂肪を小さく

オステオカルシンが多いと
内臓脂肪を小さくしてくれることがわかっています。

また、遺伝子操作で
オステオカルシンを作れなくしたマウスは

骨はほとんど変わらないのに
糖尿と肥満になることが知られています。

これらからオステオカルシンを増やすことは
メタボ対策に良いと考えられています。

 

 

 

④ メンタルを強く

オステオカルシンを作れなくしたマウスは

ノルアドレナリンやドーパミン
というホルモンが減っていました。

また、不安感が強くなり
記憶力や空間認知能力も低下していました。

 

これを人間に置き換えると

やる気がなくなる
✅幸せを感じない
✅集中できない
✅うつになる
✅認知症になる

可能性があるということです。

 

最近ではこういう内容は
腸内環境が影響することが注目されていますが

なんと骨も関係してるんですね💦

 

逆にオステオカルシンを
しっかり作れれば

頭が良くなって
幸せを感じて
明るくなれる

んです。

 

若さと幸せは骨から作る。

覚えておいて損はないと思います。

 

 

 

⑤ 筋肉を増やす

オステオカルシンと筋肉は
どちらも年齢を重ねると減ってきます。

実はこれは

オステオカルシンが減ると
筋肉を作りにくくなるから。

筋肉と骨は
つながってるんですね。

 

逆に筋肉が弱った状況で
オステオカルシンを注射で増やすと
筋肉が増え、運動能力も上がります。

注射で、というのはあくまで研究手段で
極端な方法ですが

オステオカルシンを増やすと
脂肪分解しやすくなるわ
筋肉作りやすくなるわで

痩せマッチョ化まったなしです❤️

 

 

⑥ テストステロンを増やす

オステオカルシンは精巣に直接影響し
男性ホルモン「テストステロン」を増やします。

 

テストステロンは
男性の生殖機能を向上させるホルモン。

逆にここが弱ると
男性不妊になったりもします。

現在、不妊でお悩みの方が増えていて
しかもその原因の半分が男性側にあるとされていますが。

実は骨が関係してる可能性もあるんですね。

 

ちなみに、女性の卵巣には
オステオカルシンの受容体がないので
ここに関しては作れても作れなくてもあまり関係ないようです。

 

しかし。

 

それ以外の部分でも
男性にとってはとんでもなく大事なもので。

実はテストステロンが多いと

✅イケメンになる
✅年収が高い
✅運動能力が高い
✅子供を作る能力が高い
✅集中力が高い
✅社交性が高い

ことが研究で知られています。

「イケメン」の部分は
人によって好みが違うのは当然なのですが

女性は本能的に
男性ホルモンがちゃんと出てる人を
見分けているそうで

それをイケメンと感じやすいのだそう。

 

ちなみにこのテストステロンが少ないと

✅肥満
✅糖尿
✅うつ
✅集中力の低下

などが起こりやすいのですが
この内容、まさにこれまで書いてきたものですよね。

骨ホルモン オステオカルシンが減ると
男性ホルモン テストステロンも減る。

これが絡み合った結果だと考えられます。

 

 

 

⑦ 血流をスムーズに

オステオカルシンが増えると
NO(一酸化窒素)が適度に増え。

血管を広げ
血流を良くしてくれます。

血流が良くなるとか
健康系の記事を見ると
結構どこにでもあることで
あまり新鮮さがないかもですが。

NOで血流をよくする仕組みが
使われているものを知ると
その印象は変わるかもしれません。

 

 

それは

 

 

バイアグラ。

 

 

勃起はそこの血流が良くなり
血液がたくさん流れ込むことで起きます。

バイアグラはNOを増やすことで
その効果を高めているもの。

 

なんとオステオカルシンが増えれば
それを自分で適度なレベルでNOを増やすんです。

 

息子のために研究してたら

 

 

 

 

 

そっちのムスコまで
元気になるとは‼️

 

 

 

 

 

あ、今日の記事
これが言いたかっただけです。

 

 

 

 

 

 

オステオカルシンの働きは
他にもいろいろあるのですが

最初に書いたモテる男の条件

✅イケメン
✅痩せマッチョ
✅高身長
✅スポーツ万能
✅頭が良い
✅明るい
✅優しい
✅やる気にあふれる
✅年収が高い
✅若々しい

✅エロい

は、「高身長」をのぞいて
これまでに全て出て来たことに気づきましたでしょうか?

 

そして。

高身長を目指すために必要なのは
骨を伸ばすこと。

骨を伸ばすために必要なのは

✅必要な栄養をとり
✅必要な運動をして
✅骨のターンオーバーを促進する

こと。

実はこれをすると
オステオカルシンの分泌もされるので

全て繋がってるんです‼️

 

 

僕が子供の頃に知りたかった💔

 

次回からはいよいよ
骨をパワーアップし若返るために必要な栄養について。

お楽しみに😊

 

ちなみに。

今回の記事の内容は

九州大学名誉教授で
オステオカルシンの権威
平田雅人先生に直接伺った内容を元にしています。
(※先生はモテるとかは言ってないです)

そして平田先生によると
オステオカルシンをそのまま摂れるサプリ
現在開発中だそうで。

もうすぐ世に出てくるかもです❤️

 

原料はなんと
博多ラーメンの豚骨。

でも、特殊な製法で
骨から抽出しないといけないそうで
ラーメンを食べてもダメだそうです。残念。

 

公式LINE登録のオススメ

最新のアンチエイジング情報や
更新情報をお届けしています。

現在4000人以上の方に
ご登録いただいております。

こちらのブログでは書かない
個別のサプリについての情報も
配信していきます。

ご登録はこちらから↓


LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss