アンチエイジングで若く健康的でいる方法

  おすすめ記事

新型コロナで心が折れなくなるために必要な知能栄養素

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは‼️
アンチエイジングPの宮下です。

無料メルマガ始めました。

開始1週間で1000人以上の方にご登録いただきました💦
ありがとうございます‼️

ご興味のある方は
ぜひこちらからご登録ください

➡️メルマガ登録はこちらから

➡️なお、内容はこんな感じです

 

さて、前回の記事

幸せですか?

という僕の質問に対して

私、今幸せです❤️

と、ある読者さんからご連絡いただきました。

 

世の中コロナで騒がれてますが
……幸せです‼️

と。

 

すごく素敵だなと感じました😊
メールいただいた僕自身も幸せな気持ちになりました。

今、大変な思いをされている方も
たくさんいると思うのですが
少しでもこういう幸せな方が増えると
周りの方もどんどん幸せになれるんじゃないかなと思います。

 

 

さて、この人間の幸せを決めているのは何でしょう?

愛?
人とのつながり?
お金?
成功?

達成感?
生きがい?

皆さんそれぞれ
色々な答えがあると思うのですが

 

夢も希望もない言い方をすると

神経伝達物質の量とバランス

というのが1つの生物学的な答え。

 

その中で特に幸福を感じるのに関わるホルモン
実に90%以上が腸で作られているので

腸内環境を良くしましょう☝🏻
というのが前回の内容でした。

➡️腸内環境と幸せホルモン

 


⬆️腸は免疫にもちょう重要です。腸だけに。

 

 

しかし。

 

このコロナショックの中で
腸内環境を良くするだけでは
どうしようもなくなっているんです。

それは栄養の量が足りていないから。

 

前回書いたのは

幸せを感じるセロトニン 
やる気を出すドーパミン
集中力を高めるノルアドレナリン

 

それ以外にも

睡眠に関わるメラトニン

落ち着きに関わるGABA

など脳で使われる神経伝達物質は
元を正せばタンパク質を分解して
様々な工程を経てコネコネした後できるもの。

 

その過程で、たくさんの種類の
ビタミンやミネラルが使われますが

ここで使われるビタミン類の多くは
腸内環境が良ければ
腸内細菌が作ってくれます。

 

しかし、今のようなストレスフルな状況下では
腸内細菌が作ってくれる量では
正直全然足りません💦

また、そもそも現代日本人は
国の定める最低限ギリギリのビタミン・ミネラル量にも足りていません。

 

➡️40代女性以外の方の栄養状態はこちらから

 

 

メンタルを決めているのはホルモンであり栄養素。

実は海外ではメンタルに関して
栄養療法の分野が進んでいて
この考え方が良く知られています。

 

一番有名なのは
ホッファー博士という方の
統合失調症に対する治療。

食事で取れないレベル
ナイアシン(ビタミンB3)を
投与すると統合失調症が改善され
さらに普通の人も年齢に関わらず記憶力が上がった

という研究。

 

食事で取れないレベルの、
というところが大事であり
メンタルに影響を与えるためには
ある程度の量が必要。

研究や治療でビタミン剤やサプリが使われるのはそのためです。

 

それ以外にも
ビタミン・ミネラルの中には
知能栄養素と呼ばれるものがあり。

これらが気分の向上や
うつ状態の予防に関係することが知られています。

 

しかし、上のグラフと
照らし合わせていただくと
現代日本人はこの知能栄養素の大半が
最低限にも足りていません。

 

 

しかも、日本でもとても有名な
栄養療法を取り入れているお医者さんによると

ストレスの大きい状況だと
ビタミンCの必要量は5倍

デスクワーク、パソコン操作が多い状況だと
ビタミンB群の必要量は10倍

インスタント食品を頻繁に食べると
亜鉛の必要量が5倍

それぞれ国の基準よりも多く必要になるとされています。

 

今、コロナでみんなストレスフル。

 

テレワークで家から出ず
パソコンやスマホでのお仕事が増えたり。

 

自炊をされている方も増えていますが
インスタントで済ませてしまう方も
増えていると聞きました。

僕が生まれてから41年。
かつてこんな状況に
日本人がなったことはないはず。

 

こんな状況でも幸せを感じ
前向きになり
健康で過ごすために

ビタミンB群、Cなどを
多く摂る必要があります。

 

今、食生活もコロナ前とは
劇的に変わった人が多いのではないでしょうか?

自炊が増え栄養状態が
良くなった人もいますが

反対に極端に栄養が偏るようになった方もいらっしゃいます。

 

また、ストレスでビタミンの消費量が上がったり
運動不足で腸内環境が悪化している人もいます。

 

もし栄養状態に自信のない方で
幸せを感じにくくなった方は
上質なビタミン・ミネラル・乳酸菌などの
サプリを試すのも1つの手段だと思います。

 

 

さて。

メンタルに関わる栄養素で
もう1つ重要なものがあります。

それがビタミンD

紫外線を浴びると自分で作れる成分ですが
現代日本人はやはり足りていないとされる成分。

外出自粛の流れで今年は不足している方が
普段よりもさらに多そうな状況。

 

紫外線の少ない時期に起こる
冬季うつの原因でもあるこのビタミンD。

何とここ最近、
新型コロナの重症化とも関係が深いのでは
という研究が海外では出始めています。

 

メンタルとも
免疫とも
そしてアンチエイジングとも
関係の深いビタミンD。

次回からはここを重点的に
お話ししていきたいと思います。

 

公式LINE登録のオススメ

最新のアンチエイジング情報や
更新情報をお届けしています。

現在4000人以上の方に
ご登録いただいております。

こちらも引き続き
どうぞよろしくお願いします😊

ご登録はこちらから↓


 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

この度は、サプリソムリエ宮下和久のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

サプリに関するご質問・疑問・依頼などありましたら、なんでもこちらからご連絡ください。

docomo・au・SoftBankなどのキャリア
メールアドレスをお使いの方へお願いです。
お問い合わせ後、設定により返信メールがお届けできないということが起こっているようです。
PCメールの受信拒否をされている方は、お手数をおかけいたしますが

miyashita@op-s.jp

からのメールを受け取れるように設定を
お願い致します。

お名前
メールアドレス
お問い合せ内容

search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss